ポケットポストペットおやつデータ公開顛末記
八谷和彦氏との往復書簡

 はじめに

2000年、5月。ポケットポストペット(以下ポケポスペと略すことあり)のオリジナルおやつデータをダウンロードできるようにしたところ、ポストペットの原案とディレクションを行っているアーティスト、八谷和彦氏よりメールをいただきました。端的に言うと、アップしたデータに問題があり、ダウンしたユーザに迷惑がかかるかもしれないので、ページを引き上げてくれないかというものでした。
これまで、ポストペットとそのオリジナルデータに関するソネットをはじめとするメーカー側の対応に不満や不信をつのらせていた僕は一瞬色めきたったのですが、八谷氏のメールは礼を尽くしたものであり、またデータに不備があるということでとりあえず一時閉鎖しました。
再び、公開に至ったのは、ぞろよし氏のデータ解析が進んでほぼ問題なくなったということもあります。しかし、たとえデータが充分でないとしても、それを承知の上でオリジナルおやつを使いたいという人はたくさんいるだろうし(バックアップさえとっておけば、たとえ暴走しても復帰できるわけですから)、悪意のページでない限り、各個人の責任を自覚して使ってもらうように「警告」をしっかりしさえすれば、非難される言われは(少なくとも閉鎖させられるほどの)ないと判断したからです。
その判断に対しては、他のポスペ関係者はともかく、少なくとも八谷氏の理解をいただけるものと、メールでのやりとりから感じています。

・・・・とあまり僕の一方的な意見をここで公開するのはフェアではないので、僕と八谷氏との往復メールを全文公開することにします。
個人的なメールであるゆえ、第三者のことをかなり遠慮のない形で非難しているかのような表現もありますが(特に僕の文章に)、こちらの都合のよいように直してしまうのはフェアではないと考え、もとの文章をなるべくいじらない形で公開することをご了承ください。

このメール集は、僕のWEBページにおけるおやつ公開の顛末という枠を越えて、ポスペをめぐるオリジナルデータについての問題を考える貴重な証言として、ポストペットのユーザーのみなさんに読んでいただきたいと思っています。

メールの内容を理解するためには、最初公開された形でのページを参照する必要があるかもしれません。
こちらに公開しておきますので、ご覧ください。現在のものに比べ、非常に過激な言葉が使われております。子供っぽいかもしれませんね。 →旧ページ

数多くの非礼に対し、貴重なお時間と手間をとってメールをしたためていただき、またその公開を承諾していただいた八谷和彦氏に心から感謝いたします。ありがとうございました。

※原文はメールのため、途中で文章途中で改行等が行われています。なるべく原文どおりに改行をいれるようにしました(そのままhtmlエディタにコピーしたら、改行無視されちゃった。どーすりゃいいかわからないので、手動で直しました←ローテク)

 もくじ


八谷和彦氏からのメール1
●はじめまして。とお願い。(長文です)

白井武志よりの返信1●「ページ閉鎖願い」についてのお返事(長文)

八谷和彦氏からのメール2●ありがとうございます、長いお返事です。

八谷和彦氏からのメール3●補足です。

白井武志よりの返信2●またまた長文のお返事で失礼します

八谷和彦氏からのメール4●こちらこそ長文のお返事で失礼します

白井武志よりの返信3●ポケットポストペットおやつページを再オープン・・・

八谷和彦氏からのメール5●Re:ポケットポストペットおやつページを再オープン・・・

白井武志より返信4●それでは・・・